垂れ乳改善するために知っておかないとヤバい事まとめ

垂れ乳はもはや女にとって良いことが何もないです。

ざっとあげても、

・ブラを取ったらおばあちゃん

・サイズよりも小さく見える

・彼氏や旦那ががっかり

・銭湯や温泉で気まづい

こんなことがあります。

 

女にとって垂れ乳は、魅力を半減させる最大のマイナスポイント。

でも手遅れになる前なら、まだ間に合います!!

ここで、

垂れ乳の原因

垂れ乳の改善方法

をしっかりと知って、今から早急に対策しましょう!!

こんな人は要注意!胸が垂れる可能性大!チェックリスト!

このサイトを見ている人でもヤバいと言いながらも心の中で、「私はまだ大丈夫だよーフッフフーん」って思っている人もいるかもしれませんね。

でもそんな状態は一番危険!!

自覚してこそ始めて、垂れ乳改善に向けて努力が出来るってもの!

 

なので、まずはあなたがどれだけ垂れ乳の危険性があるのかを確かめて下さい。

 

・ブラジャーのサイズを何年もはかってない

・夜はブラをしてない

・普段のブラで運動をしたりする

・栄養に気を使ってない

・妊娠や授乳経験がある人

・冷え性

 

もしこの中で1つでも当てはまったなら、あなたは十分に垂れ乳、垂れ乳予備軍な可能性があります。

残念ながら、この先を読む資格が十分にあります。

心してこの先をお読み下さい・・・

 

そもそも何で胸が垂れるの?

まずは垂れ乳になってしまう原因を知っておきましょう。

原因を知ってこそ対策がとれます。

一つ一つ説明していきます!!

クーパー靭帯が伸びる

垂れ乳になってしまう大きな原因としては、胸を支えるクーパー靭帯が伸びてしまうことです。

クーパー靭帯っていうのは、バストと胸を繋げる靭帯みたいなもので、一度伸びたり切れると元に戻りません!!

だからこそ、早めの予防策が肝心です。

 

ではどういったことがクーパー靭帯が伸びる原因となるのか見ていきます。

ブラジャーのサイズ合ってますか?

「胸のサイズなんてそうそう変わらないよね!」と思っている人も多いですね。

でも女性の体は繊細でデリケートです。

なのでそれに伴ってバストのサイズもコロコロと変わります。だからこそ3か月、半年に1回程度はしっかりと測ってもらって下さい。

それに、プロの店員さんに自分に合ったブラジャーのサイズを教えてもらうことも重要です。

 

運動する時にスポーツブラしてますか?

「私は健康女子!!」と言いながら運動するのは良い事ですが、バストが置き去りになっていてはいけません。

例えば普段使いのブラのままランニングしたりスポーツをするのは絶対NG!!

普段のブラジャーはスポーツしている時の負荷に耐えられるように作られていません。

なので、クーパー靭帯を傷つける原因になってしまいます。

 

夜にナイトブラをしていますか?

「寝ている時はノーブラ派」こんな人はかなりの危険信号!!

運動している時ならまだしも寝ている時は大丈夫でしょ??って人も多いですがそんなことはありません。

寝ている時も運動している時と同じように、バストへ負荷を与えています。

また普段使いのブラジャーを使うのも良くありません。

ワイヤーの締め付けで寝苦しいだけじゃなくて、やっぱりクーパー靭帯を傷つけてしまいます・・・

 

授乳後にケアをしてますか?

「妊娠や授乳時に胸が大きくなってヤッター」なんて人も多いかもしれませんね。

でも胸が大きくなったと思って授乳を終えたら、自分の胸が垂れていてびっくり!!なんてことになる人続出です。

というのも、妊娠中や授乳中はどうしても赤ちゃんのことに気が取られたり、忙しくて疲れていることから楽なノーブラやブラトップで過ごしがちです。

そうした手抜きは授乳後に一気に垂れ乳として帰ってきます汗

 

女性ホルモンの減少・・・

胸が垂れてしまうのはさっき言ったクーパー靭帯だけが原因ではありません。

女性ホルモン(エストロゲン)が減ってしまうことで、垂れ乳になってしまいます。

というのも、バストを作る乳腺の発達に女性ホルモンが大きく関係しているからです。

乳腺が少なくなるとハリのない、垂れやすい弱々しいおっぱいになってしまいます。

 

年をとると減っていく

年をとっていくごとにバストに大きく関係するエストロゲンの分泌が減っていきます。

「昔より垂れた??」なんて人は決して勘違いではありません。

それは事実です!!

 

生活習慣や栄養不足が大敵

女性ホルモンのバランスは簡単に崩れてしまいます。

「夜中まで起きて遊びまくりー」とか「ドーナツが主食」なんてことをしている人は要注意。

しっかりとした生活習慣や栄養が大事です。

 

体質も大きく関係してます

冷え性で足が冷たい・・・なんて人も多いですよね。

実はこうした体質自体、垂れ乳になりやすい状況を作っていることもあります。

「生まれつきだから仕方ないじゃん!」って思うかもしれませんが、事実なんです。

もちろん対策法はあるので、この先を読み進めて下さい。

 

 

垂れ乳どうやって治す?改善方法

ここまでで、垂れ乳になってしまう原因について話してきました。

では一番気になる垂れ乳を改善する方法について書いていきます。

 

ナイトブラをつけよう

人生の3分の1は睡眠時間です。

それだけ寝ている時にどういったバストケアをしているか?っていうのは重要です。

むしろ普段のブラジャーよりも気を使って良いものを使った方が良いですね。

ただ、今は色んな種類のナイトブラが出ているので、

・横流れやつぶれを防ぐ構造

・フィットする伸縮性がある

っていう機能のあるナイトブラを選びましょう。

 

おすすめは、viageビューティアップナイトブラです。

今一番売れてるナイトブラで、構造自体もしっかりと寝ている間のバストケアをしてくれるようになっています。

しっかりと栄養を摂ろう

垂れ乳ケアでナイトブラが大事!!っていうのは最近では理解している人が多いのですが、あくまで予防です。

すでに垂れ気味の胸を改善していこうとか、目に見えた垂れ乳の改善をのぞむなら、栄養が大事です。

特に女性ホルモン(エストロゲン)と似た作用のあるプエラリアは必須です。

バストアップサプリとしてもプエラリアは注目されているので、バストの総合的なケアができます。

そのプエラリアを配合したサプリをこちらでランキング化しているので参考にして下さい。

⇒「プエラリアサプリの選び方!厳選トップ3はコレ!

普段から出来ること

ナイトブラやプエラリアといった垂れ乳改善方を書いてきましたが、普段から出来ることとしては、

・決まった時間に寝る

・タバコやお酒を控える

・ファーストフードや間食を控える

・運動をする

といったことが重要です。

 

ぜひ日々おこなってみましょう。

まとめ

垂れ乳の原因や改善方法について書いてきました。

どれも早く始めるほど良いので、すぐに試してみて下さい!!

まだ間に合います!手遅れになる前のケアを始めましょう!!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。